あなたの想いを届けるギフト[おくろっか]ギフトセレクション

これ、あの人に贈ろっか
遠く離れていても
あの人を喜ばせたい、同じ喜びを伝えたい、
楽しい時間を過ごしてほしい。
贈りものは、そんな想いを伝える力を持っています。
贈りものは、特別な日のものではない、
もっと日常的に、さりげない贈りもので気持ちを伝えませんか?
「O’clocca」は、大切な人に贈りたくなる
素敵な理由がある贈りものをご紹介。
生産者の想いが詰まったアイテム、旅先で見つけた特別なもの、
日本中に隠れている「おくろっか」と思えるアイテムを
探してきました。
あなたの想いを伝えられる贈りものを見つけてみませんか?
「O’clocca=おくろっか」は、
感謝や感動の気持ちを伝えることの大切さを
再発見するためのギフトスタイルサイトです。
喜んでくれるかな?これで元気になってくれるかな?

O'clocca 冬号 WINTER 2019

特集 “始める”を贈る
特集令和元年、
“始める”を贈る
平成から令和へ。この節目となる年に、新しい食習慣を始めてみる。
テーマは「重箱」「鰹節」「お茶」。日本の伝統的な食文化に着目し、古くからの食習慣を現代風にアレンジすることで新しい魅力を見出す、それを実践されている3人に、それぞれの魅力について聞いてきた。
重箱
鰹節
お茶
おくろっかの旅 五島列島
おくろっかの旅五島列島
旅は自分への贈りもの。日常を離れてその土地に暮らすように過ごしてみる。今回の旅は五島列島。ソウルフードである「五島うどん」をはじめ、島の美味に出合う旅。 のんびりとした時間が流れている上五島で、この土地から生み出される名産物を大切な人に伝えたい。この旅で見つけた「五島を贈る」にぴったりなアイテムをご紹介。
詳しく見てみる
生産者のキモチ
生産者のキモチ
かえるすたいるYamada野菜
山田 一生さん
山田 裕美子さん
鹿児島県の垂水市に広がる田園地帯。田んぼに生息する生物を守る為、農薬も肥料も使わずにお米や野菜を育てている山田さんご夫婦。中でも古代米で作る玄米餅は、田植えから収穫、加工までほぼ手作業で行われる。噛めば噛むほど素朴で複雑で、力強い米の味を感じられる小ぶりな逸品。そのこだわりを現地でしっかりと聞いてきた。
詳しく見てみる
老舗の味めぐり
老舗の味めぐり元祖 森からし蓮根
寛永九年より四〇〇年、細川家ゆかりの郷土食を受け継ぐ「元祖 森からし蓮根」。先祖が考案した伝統の味は一子相伝。口伝で継承されてきたからし蓮根を、時代の流れに惑わされず、製法や味を変えることなく守り続ける。“絶妙な歯触り”と“刺激的な辛さ”。正月には欠かせない伝統の味として、全国から愛され続けるからし蓮根の歴史と秘密を聞くために熊本へ向かった。
詳しく見てみる
タベモノが生まれる場所
タベモノが生まれる場所HAO!
ピーナッツペースト
食卓に並ぶ調味料や加工品は、誰のアイデアでそれは、どこで誰が作っているのか?毎日何気なく使っていた“タベモノ”が生まれる現場を見てみたい。そんな思いからスタートした現場訪問企画。今回は「HAO!ピーナッツペースト」が生まれた場所に行ってきた。原料や工程、作った人や作ったきっかけは何だったのか?どんどん湧いてくる問いを現地でしっかり聞いてきた。
詳しく見てみる
編集長が選ぶ季節のおくりもの
編集長が選ぶ季節のおくりもの
寒さが増していく冬の季節の贈りもの。大切な方の心をぽっと暖めてくれそうな贈りものを選びたくなる。贈る方は選ぶ楽しさにニコリ、贈られる方は手元に置くだけて少し贅沢で懐かしい気分になれてニコリ。笑顔が生まれる贈りものをおくろっか編集長が日々の暮らしの中で目に留めた、冬にぴったりな逸品をご紹介。もしかしたら自分に贈りたくなるかも。
詳しく見てみる
「これ、あの人におくろっか。」
贈りものには想いを伝える力がある。
笑顔にする力がある。
選ぶ楽しさにワクワクできる。
why don’t we send a gift?
あなたの気になる「おくろっか」があるかも!
クリックしてみよう。
2019 SUMMER 創刊号 特集しあわせな朝ごはん他4コンテンツ 2019 AUTUMN VOL.2 特集おいしい健康食他5コンテンツ 2019 Winter VOL.3 特集'始める'を贈る他5コンテンツ